専門業者への依頼方法


実際に業者に依頼する際、押さえておくポイントとしては、見積りやお問い合わせについて、迅速に対応してもらえるか、回答は明確で分かりやすいか、等の判断基準があります。相手にきちんとした説明もなく、納品してもらったらイメージと全く違うタオルが出来上がってきたということがないように、事前にタオルの完成イメージがちゃんとできる業者を選ぶようにしましょう。

納期についても発注からどれくらいでされるのか、版代はかかるのか、送料や梱包にかかる費用、オプション費用等、見積り段階でしっかり確認しておきましょう。また、印刷の種類によっては写真プリントが向かないもの、手触りが良くないタオル等、素人にはわからないタオルの質というものがあります。最初にそういった説明もしてもらえる業者を選択すれば、安心して任せることができます。

販促物は、企業やお店を経営する際に、必ず必要となる物です。その都度、ニーズに合った販促物を選ぶ必要がありますので、できれば喜ばれる商品を選ぶようにしなければいけません。オリジナルタオルであれば、長い期間使用可能で、用途も幅広く、日用品として確実に使ってもらえますので、販促物として大変役立ちます。ぜひ検討してみてください。

参考LINK>>>https://www.firstball-towel.net


販促品タオルの利点


販促品はいろいろ出回っていますが、タオルも販促品として定番人気となっています。価格の安さと、どんなシチュエーションでもプレゼントしやすい汎用性、デザインの多様性、軽さ、耐久性等、販促品に申し分ないメリットがあることが人気の理由と言えます。タオルは日用雑貨の必需品ですし、いくつあっても重宝しますので、大変喜ばれる販促品であり、会社の宣伝や商品やサービス、キャンペーンのアピールに最適の商品です。また、フルカラーや全面印刷を利用しなくても、一色印刷や単純な柄だとしても、デザインや工夫次第で特別感のある素敵な販促品として側においてもらえる可能性もありますので、できるだけ価格を抑えたいという場合でも、タオルなら対応することができます。

タオルのデザイン作成については、自社で作成したいけれど、その技術やセンス、ソフトがないから難しいと思われている方も心配は不要です。データ作成のサポートのある業者がほとんどですので、業者に依頼することによって、簡単なラフや写真、イラスト等の資料を送るだけで、好みのデザインを作成してもらうことも可能です。単純なテンプレートの用意がある業者もありますので、気軽に相談してみると良いでしょう。


販促品タオルの種類


販促品として作成できるタオルの種類は大きなサイズからミニサイズまで数多くあります。贈答品等に適したバスタオル、スポーツをする際に使いやすいフェイスタオルやマフラータオル、持ち歩きに便利なハンドタオルやミニタオル、ダスターとして家庭で使ってもらいやすいハンドダスターやクロス、いろいろな使い方ができる手ぬぐい等、業者によって様々な商品の注文ができます。国産タオル、輸入タオル等の違いや、織り方の異なるタオル、加工の異なるタオル等、探せば沢山の取扱がありますので、販促品のタオルに興味がある方は、ネット検索でチェックしてみることをお勧めします。

もちろんデザインはオリジナルで、全面印刷から部分印刷、印刷方法もシルクスクリーンやインクジェット式、染色等業者によって様々ですが、意味が全くわからないという場合でも、問い合わせや相談をすれば、サポートしてくれる業者がほとんどですので心配する必要はありません。複雑なデザインのオリジナルタオルや、単純な企業の名前入りタオル等、要望に沿ったタオルの作成が手軽にすることができます。枚数も、小ロットでも対応してもらえますので、少ししか作らないという方でも気軽に問い合わせると良いでしょう。


販促品に最適のタオル


飲食店のオーナーの方や、イベントを企画されている方の中には、これから展開していくにあたっての販促品に悩む人もおられることでしょう。あまり時間や費用もかけることはできない、でもオリジナル感はほしい、社名の印刷もしたい等の要求がある場合には、タオルを使った販促品がお勧めです。販促品としてのタオルの価値とは、まず希望や目的に沿ってサイズから質感、形、デザイン、印刷方法、数、色等、数多くの選択肢があるという点が挙げられます。もちろん大量発注も少ない数でも対応してもらえますので、その時々の必要数によって数を簡単に変更できることもメリットと言えるでしょう。

また、販促品としてタオルが重宝される大きな理由としては、コストパフォーマンスの良さがあります。程よい重量感と貰った感があり、季節を問わず使用されるグッズであること、加えて何度も使用することができる為、外で使用される場合は不特定多数の人に見てもらえる可能性もあります。貰ってすぐに捨てられてしまう広告やチラシよりも、存在感があるという点では、販促品として立派な役目を果たす商品となります。また、タオルはチラシと違ってほとんどの人に受け取ってもらうことができますので、無駄になることがありません。嫌な気分になる人もおらず、ずっと手元に置いて目に触れる機会が多いのも販促品として大切なポイントです。では、タオルの種類や利点、業者に依頼する時の方法等紹介します。